全米で最も受講者が多いヨガ資格コース「ヨガワークス」日本校です。東京・大阪・福岡で全米ヨガアライアンス200時間・500時間認定コースを開講しています。世界中に卒業生がいるので、卒業後も活躍できる環境が整っています。 短期集中で学べるのもポイントです。
Youtube Facebook

全米最大のヨガインストラクター養成資格コースを東京・大阪・福岡・札幌で開催 ヨガワークス
  • 無料説明会
  • 資料請求
  • お申し込み

ヨガワークスが教えるヨガ

ヨガワークスが教えるヨガとは

ヨガワークスでは、全てのレベルの生徒が、指導者と共に、素晴らしいヨガの授業を受け続けています。さらに、指導者同士がお互いに尊敬し合い、異なるバックグランドやスタイルを共有し、お互いの経験から学び合うことのできる場所にもなっています。
トレーニングはクリシュナマチャリア師の系統から生まれた3つのスタイル<アシュタンガヨガ、アイアンガーヨガ、デシカチャー氏のヨガ(指導法)※>の経験によって生まれ、発展しました。ヨガワークス創設者であるMaty、Chuck、Lisaの開発したこの方法は、ヨガワークスのトレーニングの本質として今現在も続いています。

世界の一流講師から学べる!

ヨガワークスのプログラムを教える講師たちは、世界の一流。日本でレッスンを持っているヨガインストラクター達が習いに行く講師達と言っても過言ではありません。
「指導者の指導者」に最初からヨガの基礎を学ぶことで、指導者として学ぶべきポイントを無駄なく効率的に習得できます。他のヨガのトレーニングを受講した後にヨガワークスを受講し直す人も少なくありません。貴重な時間と高いお金を投資するのであれば、より質の高い内容、指導を学べるプログラムをはじめから選ばれることをおススメします。

幅広い層にヨガの指導ができる!

ポーズがきれいに取れることや、決められたクラスをマニュアル通りに進めるという技術では、資格をとっても活躍する場所がとても限られてしまうのが現状です。ヨガの指導者に求められているのは、「生徒さん一人一人の体を見て、的確に指導が出来るかどうか」です。自分でクラスを持つことになった時、同じクラスに妊娠中の女性、ヨガ実践歴10年の男性、足にけがをしている人、70歳を超えたおばあちゃんが参加したとしたら、どのようにヨガを教えていきますか?年齢も性別も体のコンディションも違う生徒さんが来ても、ヨガの効果を最大限に引き出す指導ができるように、明確な理論に沿った応用の効く指導者を育成するプログラムを、ヨガワークスでは教えていきます。

偏りのないヨガを学べる!

ヨガワークスではヨガの伝統を尊重し、ヨガの本質と基礎を正しく学ぶことを重要視しています。伝統的なヨガでもあり現代のヨガの基本となったアイアンガーヨガ、アシュタンガヨガ、デシカチャーの指導法を取り入れカリキュラムは作られています。自分の専門性に進む前の基本を学べるので、その後どういう方向にも生かせます。

ヨガワークスの指導法「3つの柱」
  • アシュタンガヨガ

    インドのパタビ・ジョイス師が指導する世界的に有名なヨガ。ラージャヨガの哲学、実践システムをベースに、積極的に身体を動かすスタイルです。動作の一つ一つ、呼吸、順番まで決められていて、途切れることなく決まったポーズをしていくのが特徴です。「呼吸と動作を調和させる」テクニックを重視し、ポーズの繰り返しを行うことで瞑想の効果をもたらします。

  • アイアンガーヨガ

    インドのB.K.Sアイアンガー師が開発したヨガで近代的なヨガに最も大きな影響を与えたヨガの一つ。解剖学、心理学を元に、伝統的なヨガに研究、改善を加えて進化させたものと言われています。自分の身体の隅々まで意識し、ブロックやベルト等の補助的な道具を使いながら、一つ一つのアーサナ(ポーズ)の完成度を高めていくのが特徴です。補助的な道具を使うので年齢を気にすることなく、誰でも身体に無理なく効果的に行えます。

  • デシカチャー氏の指導法

    T.クリシュナマチャリア師のご子息であり“生徒がヨガの練習に合わせるのではなく、ヨガの練習が一人一人に合わせられるべきである”という伝説的な父の教えを受け継ぐ偉大なヨガマスターの一人として国際的に深い尊敬と敬愛を集めています。30年以上にもおよぶ集中的な師の学びのもと、ヨガの全てのツールと練習法、膨大な量のヨガ経典や儀式、アーユルヴェーダなどに精通しながらその広い智慧と深い理解によって多くの人々が彼のところへ集まりヨガの癒しを与え続けています。

ヨガワークスの特長
  • 全てのヨガ指導の土台となる
    安全な指導法

    アイアンガーヨガから身体への詳細なアラインメント、アシュタンガヨガからの呼吸と動作の連結、そして個々の生徒に目を配るデシカッチャ―の指導法をブレンドした、偏りのない、全てのスタイルのヨガの指導の土台となる安全な指導法を学べます。

  • アーサナを詳細に
    解剖学的に学べる

    専用テキストであるアーサナマニュアルや解剖学マニュアルを参照にしながら、個々のポーズを細かく、解剖学的に学んでいきます。毎日2~3時間のアーサナ練習によりしっかりと実践を学ぶと同時に、軽減法や、禁忌、よくあるミスアラインメントを学びながらアジャストの行い方も実践していきます。また、解剖学のレッスンではアーサナと解剖学を結びつけながら、ペアワークなども行い個々の体を見ていく目を養います。

  • シークエンシングを
    しっかりと学べる

    安全で理論的なシークエンスの組み立て方やレッスンのテーマや、生徒のレベルに応じたレッスンの作り方をヨガワークスの原理に基づき、詳細に学びます。

  • ヨガ哲学、プラナヤーマ、その他
    スペシャルトピックスを学べる

    ヨガスートラを基にした哲学のクラス、プラナヤーマ、メディテーション、そしてアーユルヴェーダについても学んでいきます。また、マントラやチャンティングについても導入のレッスンがあります。幅広い視点からヨガの理解を進め、指導をより深いものへとしていきます。

  • アーサナを詳細に
    指導経験が豊富な講師陣

    ヨガワークスの中でも最も指導経験を持ち、世界で活躍中の講師による指導になります。

  • 充実のテキスト

    ヨガワークスのメソッド考案者の1人でもあるLisa Walford監修の専用テキストが5冊、(アーサナマニュアル、解剖学マニュアル、指導ツールマニュアル、専門分野、ホームワークマニュアル)そして副読本が4冊あります。

ヨガワークスのティーチャートレーニング

ヨガワークスのTTでは、異なるスタイルの良いところを取り入れ、多様な生徒に対して安全に指導ができる方法であり、生徒がヨガを続けていきたくなるような、学ぶ要素のある楽しいクラスが指導できるようになります。
経験のある指導者も、さらに知識を深め、そしてご自分の指導をより深いものへと変えていく素晴らしいきっかけとなることでしょう。
日本では年間130名以上、全世界中を含めると年間2000人以上の卒業生を輩出する全米で最も歴史と人気のあるヨガのTTです。さらに、200時間(200RYT)を修了すると、300時間(500RYT)への受講資格が得られます。500時間(500RYT)を修了するとヨガワークス認定講師への認定試験を受ける資格が得られます。認定講師資格取得後、TTでのアシスタントを経て、TTの指導を担当することもできます。

Top