全米で最も受講者が多いヨガ資格コース「ヨガワークス」日本校です。東京・大阪・福岡で全米ヨガアライアンス200時間・500時間認定コースを開講しています。世界中に卒業生がいるので、卒業後も活躍できる環境が整っています。 短期集中で学べるのもポイントです。
Youtube Facebook

全米最大のヨガインストラクター養成資格コースを東京・大阪・福岡・札幌で開催 ヨガワークス
  • 無料説明会
  • 資料請求
  • お申し込み

ヨガワークスの歴史

「ヨガワークス」と「指導者養成講座」 歴史


  • Maty Ezraty

  • Alan Finger

  • Chuck Miller

ヨガワークスとは1987年10月にアメリカ・カリフォルニア州サンタモニカにてMaty EzratyとAlan Fingerによって設立されたヨガスタジオの名前です。現在は全米に25スタジオを展開しています。

設立直後にChuck Millerも加わり、以来、ヨガワークスは進化を続け、アメリカ中に多くのスタジオ、そして温かく活気のあるコミュニティーを展開しています。ヨガワークスでは、全てのレベルの生徒が、指導者と共に、素晴らしいヨガの授業を受け続けています。さらに、指導者同士がお互いに尊敬し合い、異なるバックグランドやスタイルを共有し、お互いの経験から学び合うことのできる場所にもなっています。

■アメリカのサイトはこちら → http://yogaworks.com/

  • Lisa Wlaford

上級アシュタンガ指導者であるMatyEzratyはヨガワークスのスタジオ拡大を続ける一方で、Chuck Millerと上級アイアンガー指導者であるLisaWalfordと共に、ティーチャ―トレーニングプログラムの発展にも努力をしました。

トレーニングは当初、Matyのクリシュナマチャリア師の系統から生まれた3つのスタイル<アシュタンガヨガ、アイアンガーヨガ、デシカチャー氏のヨガ(指導法)>の経験によって生まれ、発展しました。そして、彼らの開発した方法は、ヨガワークスのトレーニングの本質として今現在も続いています。

ChuckとMatyは現在、ハワイに在住しながら、世界中でヨガの指導を行っており、その指導の場には日本も含まれています。Lisaはカリフォルニアでプログラムの助言、監修を行いながら、プログラムの完成度を保っています。今日、ヨガワークスは進化を続け、カリフォルニアとニューヨーク全域に25のスタジオを持つほどに成長し、ティーチャ―トレーニングは世界4大陸、10カ国、そして40都市のヨガスタジオで提供されており、その拡大はこれからも続きます。

ヨガワークスは、Shiva Rea、Saul Raye、Sean Cornなど多くの著名な指導者・人材を世に送り出していることが広く認められています。その指導者の中には現代におおきな影響を与えているヨガの流派を形作った者たちもおり、それはヨガワークスティーチャートレーニングの歴史と、質の高さを表しています。

米国「ヨガジャーナル」誌の表紙を飾るヨガ講師の30%はヨガワークス指導者養成講座の卒業生、またはなんらかの形でヨガワークスで学んだ講師陣とも言われています。

ヨガワークスの展開するスタジオと、その指導者養成講座は世界中のヨガの指導者、そして生徒のための真のコミュニティーとなっています。

現在、日本で開催するヨガワークスの指導者養成講座は、2010年の開催依頼大きな飛躍を遂げており、世界で最も注目されている開催地の一つです。

■ヨガワークス指導者養成講座:特徴はこちら→「プログラム特徴」

■日本開催:200hスケジュールはこちら→「ヨガワークスティーチャートレーニングプログラム200h」

 

【世界的に有名な卒業生たち】

 

■ヨガワークス指導者養成講座:特徴はこちら→「プログラム特徴」

■日本開催:200hスケジュールはこちら→「ヨガワークスティーチャートレーニングプログラム200h」

無料説明会資料請求mail

Top