Open Nav

ヨガワークスティーチャートレーニング300時間(RYT500)について

ヨガワークスティーチャートレーニング200時間について

ヨガワークス500時間を修了すると、自分が進みたい方向へとヨガを深めることができ、より実践的な内奥で本格的な指導ができるようになります。
もちろん、全米ヨガアライアンスRYT500認定指導者資格が取得でき、ヨガワークス認定講師の試験を受けることができるようになります。

このプログラムではメンター(担当講師)制度を採用しています。
メンターと弟子関係を結ぶことにより200時間のプログラムで学んだものをより実践に生かし、より優れた指導者になることを目指しています。
週末のワークショップシリーズ、担当メンターのレッスンのアシスタント、担当メンターのクラス受講、担当メンターとのミーティングを行い、ヨガに関する深い知識の習得と指導技術を磨いていきます。
一生ヨガを指導していきたい方には是非ご受講いただきたい、指導技術と知識の強化が図れるプロフェッショナルプログラムです。
500h(300時間)終了時には、全米ヨガアライアンス500時間の取得が可能になります。

ヨガワークスの200時間ではなく、他ブランドの200時間を終了している方も”ヨガワークスブリッジプログラムを事前にご受講いただくことによって、ヨガワークスの300時間を受講することができます。

ヨガ大国アメリカでは、日本の約75倍のRYT500登録者がいます。 日本でも5~10年後には、登録者数や市場規模が現在の数倍になる可能性を秘めていることから、よりRYT500のニーズが高くなることが見込まれます。

※情報元:全米ヨガアライアンス協会HP(2017年10月現在)

RYT500はヨガインストラクターと差別化を図るためにも、
ヨガを人生の道として習得したい方に受講いただきたいプログラムです。



高い専門性を身につける

200時間で学んだ知識をより深く掘り下げ学びます。ロープやチェアを使ったアドバンスの指導法やサトルボディなど、プロの指導者になる上で役立つ学びになります。
最終課題に取り組むことでアウトプットされた知識が自分のものになります。



講師とのミーティングにより、
問題を解決する

主に指導の時間では解決できなかった問題をミーティングでクリアにします。
一人ひとり疑問や不安は異なります。
質疑応答の機会を通し、自身の強みや改善点、自分のスタイルが明確になり課題を見つけることができます。



一人ひとりの生徒を見る

トレーニング中に、講師のクラス受講/クラスアシスタントを経験します。
講師が生徒の何を見ているのか、同じ目線に立つ練習をすることで観察力が養われます。技術を伝えるだけでなく、人に“ヨガを教えられるようになる”のが500時間トレーニングです。

ブリッジプログラムについて

他の養成スクールでRYT200を取得し、ヨガワークスでRYT500を目指す方へ向けたヨガワークスのメソッドを理解していただくためのプログラムです。

「ブリッジプログラム」とは、ヨガワークスティーチャートレーニング(TT)プログラム500時間の受講をご希望の方で、ヨガワークスTTで200時間プログラムを修了されていない方のための、事前準備プログラムです。ヨガワークスにて200時間を取得されていない方でも、このブリッジコースにご参加いただければ、500時間プログラムの受講が可能となります。このブリッジコースではヨガ指導の基礎やヨガワークス指導法の理論などをご理解いただくことを目標としています。このプログラムはヨガワークスTT200時間の中のプログラムの一部となっており、200時間のご受講生の方と一緒にご受講いただきます。

ブリッジプログラム

カリキュラム

RYT500

【ワークショップ】【メンターシップ】【最終課題】 の3つのカテゴリーで成り立っています。
また、ワークショップとメンターシップは下記の通りに分かれます。500h卒業には、このカリキュラムを全て終了し、メンターと一緒に選んだテーマに沿った課題を提出して頂く事が必要となります。

【ワークショップ】

各専門分野のワークショップ、プラナヤーマ/哲学

200hで学んだトピックをより深く掘り下げていきます。また、200時間には含まれていなかったトピックもあり、プロの指導者になるうえで必要になるものばかり。たっぷり時間を取り、細かく質疑応答にも答えながら進んで行きます。様々なテーマの専門分野のワークショップ、プラナヤーマ・哲学、指導法に分かれています。

指導法

主にメンターのクラスのアシスタントをした後、みなさんのアシスタントぶりを振り返り、指導法について深く学ぶ時間です。アジャストに仕方やインストラクションの仕方、シークエンシング、メンターのデモ、解剖学的な説明など、そのときの受講生の質問や状況に応じて指導内容は臨機応変に変化します。
ヨガの指導者として最も重要な課題の一つ、生徒さんとの関係をどう築いていくかにおいても学んでいきます。
ここで学んだことは、次回アシスタントを行う際にすぐに生かしていきます。座学だけでなく、実践と反省、指導、改善があるからこそ確実に身に付きます。指導におけるすべての疑問もクリアにしていきましょう。

<ワークショップ/スケジュール>

1日目 8:00-12:00 4h ウェルカムサークル
立位のポーズ:アジャスト・バリエーション・観察
13:00-16:00 3h 指導法1
2日目 8:00-12:00 4h YogaWorks シークエンス
13:00-15:00 2h ヨガスートラ
3日目 8:00-12:00 4h 逆転
13:00-16:00 3h 指導法2
4日目 8:00-12:00 4h 前屈
13:00-15:00 2h スートラ
5日目 8:00-12:00 4h ハンズオンアジャストメント(手を使った修正法)①
13:00-16:00 3h 指導法3
6日目 8:00-12:00 4h プラナヤーマ
13:00-15:00 2h スートラ
7日目 8:00-12:00 4h 初心者への対応①
13:00-16:00 3h 指導法4
8日目 8:00-12:00 4h 指導者への対応②
13:00-15:00 2h バガバッドギータ
9日目 8:00-12:00 4h 後屈
13:00-16:00 3h 指導法5
10日目 8:00-12:00 4h アームバランス
13:00-15:00 2h バガバッドギータ
11日目 8:00-12:00 4h 怪我への対処法①
13:00-16:00 3h 指導法6
12日目 8:00-12:00 4h 怪我への対処法②
13:00-15:00 2h ウパニシャッド
13日目 8:00-12:00 4h 怪我への対象法③
13:00-16:00 3h 指導法7
14日目 8:00-12:00 4h 怪我への対処法④
13:00-15:00 2h ウパニシャッド
15日目 8:00-12:00 4h ヴィンヤサフロー1
13:00-16:00 3h 指導法8
16日目 8:00-12:00 4h ヴィンヤサフロー2
13:00-15:00 2h プラディピカ
17日目 8:00-12:00 4h サトルボディと瞑想入門
13:00-16:00 3h 指導法9
18日目 8:00-12:00 4h サトルボディと瞑想入門
13:00-15:00 2h プラディピカ
19日目 8:00-12:00 4h アーサナ入門
13:00-16:00 3h タントラ入門
20日目 8:00-12:00 4h 慢性疾患のためのヨガ
13:00-15:00 2h ヨガビジネス
21日目 8:00-12:00 4h アーユルヴェーダ入門
13:00-16:00 3h 指導法10
22日目 8:00-12:00 4h ハンズオンアジャストメント(手を使った修正法)②
13:00-17:00 4h リストラクティブヨガとリラックス反応
23日目 8:00-12:00 4h 指導法試験
13:00-17:00 4h 最終試験・クロージングセレモニー

計:Workshop/95講座、指導法/34講座、哲学/25講座

【メンターシップ】

メンター(講師)のクラスアシスタント

メンターから生徒一人一人に受け継がれていくもの、本来このようにしてヨガは今日まで伝えられてきました。ヨガワークスの500hもこの伝統的な方法でヨガ指導者としてのプロを育てていきます。メンターと生徒が多くの時間を共にすることで学ぶことは計り知れません。ヨガの技術、知識に限らすヨガとは何か、ヨガを指導するとは何か、ヨガを指導することが自分の人生においてどうゆうことなのか、なども一緒に考え明確にしていきます。

<クラスアシスタント/スケジュール>

開催期間/13週間 ティーチャートレーニング期間内20本 週2〜3本 YOGAPLUS(三軒茶屋・銀座)で開催される指定クラス

メンターのクラス受講

メンターのクラスを生徒として受講していきます。アシスタントや指導法、メンターミーティング、ワークショップで学んだことをしっかりとここで集約していきます。500h開催期間中、週7~8回程度クラスが設定されています。

<クラス受講/スケジュール>

開催期間/13週間 ティーチャートレーニング期間内20本 週2〜3本 YOGAPLUS(三軒茶屋・銀座または五反田・横浜)で開催される指定クラス

メンターミーティング

主に指導の時間だけでは解決できなかった問題を解決していく時間です。受講生個々人の様々な疑問や不安、個性の生かし方、哲学生き方、考え方など多くの質疑応答に対応していきます。受講生のみなさんそれぞれ強み・弱みは違います。個々人の強みや改善点も明確になり、今後の課題を見つけることもでき、自分のスタイルも明確になってきます。精神的にも多くのアドバイスや指示ももらえる時間です。500hのアジャストやレッスン受講を重ねれば重ねるほど、疑問は湧き出てくるものです。指導法の時間だけでは解決されない問題はここで解決していきましょう。質問をしていけないことなど一切ありません。メンターは惜しみなく、みなさん個別に時間を割いてくれます。

<メンターミーティング/スケジュール>

1 19:00-21:00 2h メンターミーティング1
2 19:00-21:00 2h メンターミーティング2
3 19:00-21:00 2h メンターミーティング3
4 19:00-21:00 2h メンターミーティング4
5 19:00-21:00 2h メンターミーティング5
6 19:00-21:30 2.5h メンターミーティング6
7 19:00-21:30 2.5h メンターミーティング7
8 19:00-21:30 2.5h メンターミーティング8
9 19:00-21:30 2.5h メンターミーティング9
10 19:00-21:30 2.5h メンターミーティング10
11 19:00-21:30 2.5h メンターミーティング11

計:メンターミーティング/25回

【最終課題】

500hでは最終試験としての筆記試験や実技試験はございません。最終課題として、メンターと一緒に選んだテーマに沿ったレポートを提出いただきます。課題テーマは自由ですが、過去に例として「マタニティーヨガ」や「シニアヨガ」について提出された方、また写真撮影がお好きな方はヨガのポーズを写真にまとめたものを退出された方もいらっしゃいます。メンターとの話し合いのうえ、ご自身の長所がアピールできるもの、将来やりたいことをつづった内容など、自由に考え500hプログラムの最終提出物として下さい。

メッセージ

Kosai

日本ではまだ数少ないYogaWorks認定講師であり、また日本人初のティーチャー・トレーニング(TT)のトレーナーである。
ヨガワークス200時間と300時間の違いについてや、300hで学ぶ内容など皆さんの素朴な疑問に答えたインタビューをご覧ください。

John Gaydos

ヨガワークスのシニア・ティーチャー・トレーナーの1人として、世界中でトレーニングを指導している。
ワークスの全ての講師のディレクターであり資格認定協会員のジョン・ゲイドス。
RYT200を持つ方々から実際いただいた500時間についての質問に答えてくれました。

受講料について

<一括払い>早期割540,000円 支払総額565,000円(税込)

※開催一ヶ月前をきってのお申込みの場合は、ご相談の上お支払い日を設定させていただきます。

<三回払い>支払総額565,000円(税込)

※開催一ヶ月前をきってのお申込みの場合は、ご相談の上お支払い日を設定させていただきます。
※6・15回払いもできます。4回目以降〜は自動引落しとなります。お申込み時に詳細をご案内いたします。

振込先
三菱東京UFJ銀行 恵比寿支店 名義:株式会社ぜん カ)ゼン
口座種類:普通 口座番号:0802016

※お手数ですが、お振込の際は、振込名義人の前に8888(数字の8を4つ)つけてお振込ください。

お気軽に無料相談会にお越しください

本校では受講をご検討されている方々を対象とした無料相談会や体験レッスンを実施しています。ご検討されるうえで、疑問に思ったこと、不安に思うことなどがありましたらどんなことでもご相談ください。